霞ヶ浦海軍航空隊の遺跡
 大正6年(1917)ヨーロッパ視察から帰国した金子養三中佐は、海軍航空隊も水上基地だけでなく陸上飛行場ももつべきだと考え、阿見原と呼ばれていたこの地は、陸上機の練習場としても、霞ヶ浦を利用しての水上機の練習場としても、適していると考えた。
 大正9年(1920)から整地・湖岸の埋め立てが行われ、大正10年(1921)7月霞ヶ浦飛行場が完成し、同年9月から翌年10月までセンピル教育団による講習会が行われ、日本海軍航空隊の技術は大きく前進した。
 講習会が終わった大正11年(1922)11月1日、霞ヶ浦海軍航空隊が開隊され、同月から終戦に至るため搭乗員養成の飛行教育が行われた。
 昭和4年(1929)8月には世界一周中の飛行船ツェペリン伯号ガシベリアから来隊、4日間の停泊中に20万人の見物人が押し寄せた。
 また、昭和6年(1931)8月には、チャールズ・リンドバーグが来隊した。
 昭和14年(1939)から昭和15年(1940)土浦海軍航空隊が開隊するまで、短期間ではあったが、予科練教育教育も行われた。  
茨城大学農学部 敷地内及び周辺 の遺跡
 霞ヶ浦海軍航空隊本部地区配置図  
  PDF   霞ヶ浦海軍航空隊本部は、現在、茨城大学農学部・東京医科大学茨城医療センター付近に位置していました。
 南側には、飛行場、北側には、海軍道路を経て水上班(後の土浦海軍航空隊)がありました。
 
 方位盤  
   【阿見町指定文化財】

 霞ヶ浦海軍航空隊は、主として海軍航空機の操縦・整備・航空戦術等の教育を行っていました。
 方位盤は、円盤の縁に、著名な町や地点を記してあります。
 
 第一士官宿舎階段親柱  
   【阿見町指定文化財】

 昭和天皇が昭和4年11月19日に茨城県下で行われた陸上大演習に際し行在所となった第一士官宿舎の正面階段に使用されていたものです。
 柱は西洋風の彫刻が施され、気品溢れるものです。
      
   当時の第一士官宿舎
 軍艦旗掲揚塔  
   【阿見町指定文化財】

 大正11年霞ヶ浦海軍航空隊の開隊から、終戦まで使用されていました。
 海軍軍艦旗の掲揚は、通常午後8時(課業始め)のラッパで掲げられ、午後5時(課業終了)のラッパで格納されました。
 地下防空壕跡  霞ヶ浦神社跡
   
 御手植えの松  50mプール跡
   
 殉職者慰霊塔  
   
 貯水池跡  
   
 各旧正門跡  本部正門の門柱は現在の阿見小に移設
   
   
   
   民間・企業敷地内 の戦跡へ

日本で1番目の海軍航空隊は

    2番目の海軍航空隊は

    3番目の海軍航空隊は

解 答
 霞ヶ浦海軍航空隊 本部地区配置図  方位盤  第一士官宿舎 階段親柱  軍艦旗掲揚塔
 地下防空壕跡  霞ヶ浦神社跡  御手植えの松  50mプール跡
 殉職者慰霊塔  貯水池跡  各旧正門跡  
民間・企業敷地内 の遺跡
 落下傘倉庫跡  中央格納庫  有蓋掩体壕  各海軍用地境界 標識
 霞ヶ浦神社の拝殿  海軍道路の桜並木  慰霊碑  
解 答
解 答