確認できた城館   「阿見町史」参照し探索  
       
       
     
       
 城館の分布
  阿見町の城館は、霞ヶ浦沿岸と晴明川及び乙戸川縁辺に多くみられ、中世前期と考えられるものから、戦国末期に至るまでのものが残されている。
 遺構が完全に近いものと近世以降宅地や開墾などで部分的、又は湮滅しているが多く、地名にだけ託しているものがあり、全貌の把握は非常に難しい。