福田の馬鹿祭り

 福田は阿見町の南に位置し、近くには福田工業団地や牛久大仏があります。
 この祭りは収穫感謝と子授け祈願をかねて行われる祭りで、大根で巨大な男根や女陰を作り、こっけいなしぐさが多いので、馬鹿祭りと呼ばれる奇祭として近隣に有名です。
 行事は毎年、旧歴の11月15日から16日に行われ
起源は村に疫病がはやり多くの死者が出たので、村の復興をはかるためと伝えられています。
 5つの坪が順送りに当番となり、送りつがれる「祭礼諸入用覚帳」には、明和元年(1764)から記録が残されています。
 

建替えが終わった福田の鹿島神社